引っ越しの際の自転車処分のやり方

引っ越しの際の自転車処分のやり方

引っ越しの時に自転車を新居に持っていくことができずに処分をするというケースは多いものですが、その時のやり方としてはいくつか方法があります。
一番いいのは売ってしまうか人にあげるという方法で、使うことができるものを捨てるのは勿体無いものですから売るなり譲るなりするのが一番です。
状態のいいものであればリサイクルショップや不用品回収などで買取をしてもらうことができますから、お金をかけて捨てるよりはいくらかになったほうがお得です。
値段がつくほどではなくそれでいて使いものにならないというレベルに達していないのであれば、欲しいという人に譲ると無駄になりませんし処分をするのにお金もかからないのでお得です。
使いものにならないレベルであったり引っ越しの準備で忙しくて手間をかけていられないという時には、自治体の粗大ごみ回収などに自転車を出してしまうというのが手軽な方法となります。
処分のやり方を知っておくと、引っ越しの時にも損をしたり慌てずに済みます。

自転車処分を安く済ますには

自転車処分を安く済ますには 通勤や通学、短距離の移動などに便利なのが自転車ですが、困るのはその処分の時です。
外に置いておいて雨ざらしになっていたため錆びてしまった、子ども用の自転車であれば大きくなって体格が合わなくなったなど、自転車を処分する理由は様々です。
しかし自転車を処分する場合にはいろいろと手順が必要です。
そのまま地域のごみステーションに出せばよいというわけにはいきません。
一般的には、自治体に連絡した上でスーパーマーケットやホームセンターで収集券を購入し、粗大ごみとして業者に引き取りに来てもらう場合が多いです。
しかし、捨てるものにお金を払いたくない、少しでも安くすませたいという人は多いのではないでしょうか。
その場合には、地域の処分場に持ち込むことで費用を安く抑えられます。
自治体によって料金は様々ですが、無料で引き取ってくれるというところも多くあります。
いずれにしても、粗大ごみとして引き取ってもらうよりはかなり安くすませることができます。