安全走行の心得

自転車の組み立てについて

従来は、自転車を購入する際には専門店を訪れて、スタッフと話し合いながら購入するというのが一般的な方法でした。
しかし、インターネットが普及しインターネット通販が一般的になると、自転車をインターネット経由で手に入れる方が増加しました。
このように、入手手段が変わると問題になるのが、組み立てに関してです。
これまでの入手方法では、スタッフの方が組み立てを行ってくれる上に、使用者に合わせて調整も行ってくれます。
ところが、インターネット通販で購入すると運送の都合で、自分で組み立てなければなりません。
自分で自転車の組み立てを行うことに対して、マイナスな考えを抱く方が多いものの、決して悪いことばかりではありません。
自分で行うことで、自転車の構造を理解することができるようになるため、トラブルが生じた時に対処できるのです。
当然、近くに専門店が無いような場所でトラブルが起きても、慌てずに行うべき対策が行えるのです。

軽量型の折りたたみ式自転車の活用術

軽量型の折りたたみ式自転車の活用術 自転車には折りたたみ式の製品があります。
言わばポータブルタイプであり、簡単な手順で組み立てまたは収納出来ますので、駐輪代のスペースが無い賃貸住まいの方には大変嬉しい乗り物です。
またマンション住まいの方でも折りたたみ式の軽量型でしたら帰宅後、コンパクトなサイズまで収納出来ますので、荷物としてエレベータに持ち込み、そのまま自宅まで持ち帰る事が可能です。
要するに軽量型の折りたたみ式自転車であれば駐輪代が不要となり、家計の節約になります。
あるいは自動車の荷台などに収納しておくのもオススメです。
荷台に普段から積み込んでおけば、旅行などで観光地に出掛けた時、機動力が更にアップしますので、何かと重宝します。
また災害等でガソリンや電気が満足に供給されなくなった際に、折りたたみ式の軽量自転車があれば緊急用の移動手段として活用出来ます。
それこそ自動車の荷台に収納しておけば場所も取りませんし、維持費はゼロ円です。