安全走行の心得

自転車は購入するよりもレンタルで

自分の自転車が欲しくて購入することを考えていて、雑誌やインターネットでどのメーカーのものが良いか調べている方は非常に多いはずです。
特に最近少しずつ暖かくなってきたことですし、サイクリング日和なので自転車に乗ってどこかへ行こうと計画しているかもしれません。
だからこそ思い切って予算を奮発し、結構高価な一台を手に入れようとするのでしょう。
しかしせっかく自転車を購入したとしても、家に置く場所がないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
軒下に置いておくと雨ざらしになってしまいますし、そのたびにシートをかけたりするのもかなり面倒です。
そのうち邪魔になって乗らなくなってしまうことだけは、絶対に避けなければなりません。
だからこそ購入するよりもレンタルで済ませるという選択肢が生まれてくるのです。
レンタルなら乗りたい時だけ乗ることができますし、購入にかかるお金を相当節約することも可能です。
自転車のレンタルショップは今や日本全国にありますし、ぜひ一度探して借りる手続きをしてみると良いでしょう。

子供に与える自転車のサイズ選び

子供に与える自転車のサイズ選び 小学生にもなると、友だちと学校で遊ぶ約束をしてくる子供さんがたくさんいると思います。
そういった時に自転車があると便利ですし、歩くより防犯的にも安全です。
その際に子供さんに自転車を買い与える場合は、なるべく身長にあったサイズの自転車を選びましょう。
大きすぎたり小さすぎたりすると、かえって危険ですし、事故の原因にもなります。
まずサドルに座った時に足が必ずつくこと、ハンドルがしっかりと握れることは、必ず確認して下さい。
店頭で必ず試し乗りを行い、不安であれば店員さんに相談してから購入しましょう。
子供さんは友達と一緒だと、自転車のサイズがあっていなくても無理をして乗ってしまいますし、余計にスピードを出してしまいます。
そういった事も考慮して、子供さんの安全を最優先に、サイズ選びを行う事が重要です。
どんどん親の手を離れ、友だちとの世界を大事にしていくものですが、親としてしっかりと準備をしてあげて、安全面を確保してあげたいですね。