サドルとパンクの予防

自転車のサドルについて

自転車のサドル 自転車のサドルの部分だけ購入をすることもできます。もしも自転車を購入したにも関わらず、サドルがいまいちあわないとか、しっくりこないという場合には、その部分だけ購入をすることもできるのです。
サドルの部分のみ中古で購入をするという方法もあります。インターネットの通販などでも購入ができますし、自転車を販売しているお店からでも購入をすることができます。
硬いものや柔らかいものなど、たくさんあります。自分が座りやすいものをきちんとつけることが大切です。
そうすることで、遠出もとても楽になりますし、毎日乗っていても苦痛に感じることもなくなります。
毎日、通勤や通学で利用をするという人は、しっかりと自分に合っているものを選ぶことが大切です。乗り心地が悪いものに乗っていると、足腰を悪くすることにつながる場合もあるからです。
自転車は、いろいろなものが販売されています。毎日こぐことで、足腰が鍛えられますし、ダイエットにつながることもあります。

自転車のタイヤのパンクを予防するには

自転車を利用していて多いトラブルのひとつにパンクがありますが、パンクしてしまうとせっかく徒歩よりも移動したいのに自転車から降りてひいて歩かなければいけないなど、いざという時に非常に困ってしまいます。
しかしパンクは自転車に乗る前に対策をとることで大分予防できることも多いものなのです。
それは何かというと、タイヤの空気圧のチェックです。空気圧が下がると段差等の乗り越えなどの急激な圧がタイヤにかかった場合に、車輪のリムとよばれる固い部分にタイヤのチューブがあたり、下手をすれば穴が空いたり破けたりして、パンクしてしまうのです。
もともとゴムのチューブには空気を透過させる性質があるため何もしていなくても、また穴が空いていなくても空気圧は下がっていきます。自転車の利用頻度が高い場合には、空気を補充していなければ、それだけ自分の体重によって空気圧は下がっていきやすくなっていますから、そういう場合は週に最低でも一度は空気圧を確認し、足りなければ補充した方が良いでしょう。
正しい空気圧は親指で強く押してみて、多少へこむ程度に固めに入れることです。そうすることでパンクしてしまう確率はグンと下がるのです。