防犯対策の重要性

自転車盗難被害の防止のために

自転車の盗難被害はかなりの人が経験する身近な問題です。駅の前に停めていて、街中の駐輪場で、自宅に停めていてとシーンは様々で、あらゆる場面でそのリスクはあります。
防止策としてまず思い浮かぶのは、施錠です。鍵をかけ忘れて盗まれたというケースが大半です。盗む側の心理として、鍵がかかっていないとすぐに持っていけるので楽です。鍵をかけていても盗られることがあります。自転車の鍵にはたくさんの種類がありますが、前輪または後輪に一つだけというのは少し心配です。2つ以上の鍵を見た途端、盗むことをためらう、やめる率がかなり上がります。
自転車盗難被害の防止 一番良いのは固定物にチェーンなどで留めてしまうことです。簡単に持っていけないことが重要です。面倒臭いと思うかもしれませんが盗まれた後で、その位しておけばよかったと後悔するよりずっと良いです。
実際盗難被害に遭って、警察に連絡したり報告する方が余程面倒臭いです。しかも返ってくるとは限りません。散々労力を使って、自転車も手元に戻ってこないのは本当にストレスが溜まります。
盗難に対する保険なども検討すべきですが、まずは盗まれないこと、持って行かれないことが最も大事です。

鍵をかけて自転車の防犯をする

近所に出かける時には自転車がとても便利です。少しの距離であれば、車よりも自転車に乗った方が早いような場合もありますので、運動も兼ねて自転車に乗るようにするといいでしょう。
しかし気を付けておかなければならないのが、防犯面です。
図書館に行って本を返すだけであれば、数分程度しかかからないでしょう。数分だけだからと思って鍵をかけずに離れてしまえば、その間に盗まれてしまう可能性があるのです。たった数分でそんなことにはならないだろうという考えはやめるようにしておきましょう。数分で戻ってくるから大丈夫だという気持ちから、盗難にあってしまう事があるのです。
数分のために鍵をかけたり開けたりするのは面倒ともいえます。しかし盗難にあった時の方が、さらに面倒になるのです。警察にも届けなくてはなりませんし、発見されるまでの間は自転車がない状態です。
そして発見されなければ購入しなくてはなりませんので、そばを離れる時には必ず鍵をかけるようにしましょう。